会社情報

ごあいさつ
代表取締役COO 岡島正恒

近年の社会・生活の変化はとても早く、多様な分野にて新しい時代へと動き始めています。バイオベンチャー業界も様々な変化が発生しており、2014年の再生医療等製品における条件および期限付き承認制度の導入をはじめ、2015年の先駆け審査指定制度導入、2017年の早期承認制度の導入など、特に重篤性、希少性の高い疾患における医薬品の承認速度が速まり、患者の皆さまの疾患に有効な医薬品誕生の可能性が高まりつつあります。

こうした中、2006年に大阪大学大学院医学系研究科の玉井克人教授らが同定した骨髄多能性幹細胞動員因子を医薬品として開発することを目的に設立した当社は、創業より一貫して難治性疾患の治療を可能とする機能的組織再生促進薬「再生誘導医薬」の開発に取り組んでまいりました。現在は、表皮水疱症、脳梗塞、心筋梗塞/心筋症などの多様な疾患に適応する再生誘導医薬、治療用自己細胞採取デバイス、幹細胞遺伝子治療に経営資源を集中させています。「再生誘導医薬」が持つ潜在能力は限りなく大きく、世界に類を見ないコンセプトにより様々な疾患に適応する可能性がある、画期的な新薬になる可能性を秘めています。我々ステムリムは「再生誘導医薬」を用いて世界をリードするバイオベンチャーになるべく、これからも挑戦し続けます。

表皮水疱症などの難病をはじめとした病に苦しむ世界中の患者さんに1日も早く笑顔をお届けできるよう開発に邁進いたします。またステークスホルダーの皆様におかれましては、さらなる研究の発展を目指す弊社に引き続きご指導・ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

代表取締役COO 岡島正恒